映画・映像・TV・演劇・俳優業界で『好き』なことを『仕事』にする学校

学費サポートに関してScholarship

学費は未来への投資です!!
お金には変えられない 価値のある3年間!!

学費や生活費の悩みは解決できます!

まずは将来のことをしっかりと考え、本当に好きなことを仕事にできる環境に身を置くことが大切です!!

1FC TOKYOは認可校のため、日本学生支援機構(旧育英会)の奨学金を採用することが可能です。

日本学生支援機構(旧育英会)

学費や生活費を奨学金としてサポートしてもらえます。

日本学生支援機構の奨学金は、経済的理由により修学に困難がある優れた学生に対し貸与されます。無利子または低利子なので返還も無理がありません。少しでも学費の負担を軽くしたい方にご利用をおすすめします。入学後にもお申込みができますが、高等学校にて予約採用のお申込みも可能です。なお、奨学金は入学後から月額貸与されます。
※ご利用をお考えの方には、「予約採用」をお薦めいたします。

第一種奨学金(無利子) 第二種奨学金(有利子・利率上限3%)
貸与月額
(私立専修学校)
第一種奨学金(無利子)
①53,000円(自宅通学)
②60,000円(自宅外通学)
③30,000円(自宅・自宅外通学にかかわらず選択できます。)
第二種奨学金(有利子・利率上限3%)
30,000円/50,000円/80,000円/100,000円/120,000円
上記5種類の月額から選択でき、貸与中の金額変更が可能です。
貸与始期
第一種奨学金(無利子)
申込んだ年の4月~
第二種奨学金(有利子・利率上限3%)
申込んだ年の4月~9月の間で希望する月。(採用決定時期は7月頃ですが、4月に遡って受け取ることも可能です。)
応募基準 人物 人物、学業ともに優れ、かつ健康であって、経済的理由により著しく修学に困難がある方。
所得 日本学生支援機構が定めた収入基準額以下であること。
(基準額、算出方法は家族の数や構成によっても異なります。)
学力
第一種奨学金(無利子)
高等学校最終2ヶ年の評定平均値が3.5以上
第二種奨学金(有利子・利率上限3%)
学修意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる方。
推薦方法 応募基準内の申込者が、日本学生支援機構において選考され、採用が決定します。
手続きの流れ

奨学金は在学年数で借りることができます。

予約採用の方 ※詳しくは高等学校にお早めにお尋ね下さい。

※在籍されている高等学校を通じて予約採用の申込み手続きをして審査を通った方が対象となります。

予約採用の方

※高校卒業後2年以内で、これまで大学・短大・専修学校専門課程に入学したことがなければ、出身高校を通じて予約採用を申請できます。

入学後に申し込む方
入学後に申し込む方

※上記以外の教育ローンなどさらに詳しい学費サポートプランについては、FC TOKYO入学事務局(0120-233-557)までお問合わせ下さい。

2通常学費の納入(1回目)は合格通知より10日以内ですが、延納・分納のご相談も可能です。

延納・分納についてのご相談は・・・
【事務局会計課】03-3688-2205

もしくは入学事務局 0120-233-557担当:大津までご連絡ください。

平日 9:00-19:00/土日10:00-17:00
※不在の場合は折り返しお電話をさせていただきます。

※延納・分納は併用することも可能です。延納・分納の際に利息等は一切発生いたしません。

3自力進学した学生紹介

卒業生S.K君の場合・・・
学業優先、授業を受け映画を作りつつ、アルバイトと奨学金で生計をたてていました。
奨学金受給
120,000円/月 ⇒学費に利用
生活費
アルバイト
(飲食店:まかない付きで夕食代を浮かせていました。)

【時給】950  × 月平均120時間 週4日アルバイト(土日含む)

⇒月合計 114,000 

【家賃】55,000 円/月(学生平均家賃)

【光熱費】7,000 円/月

【食費】30,000 円/月

【携帯電話代】8,000 円/月

■生活費合計 100,000 円/月

ギリギリですが、なんとか3年間頑張り、卒業制作もつくり、就職も決定し卒業していきました。現在も業界で活躍しています。

▼その他の学費サポート▼

ジャックスの教育ローン「学費サポート」Webで手続き簡単!
Orico 学費サポートプラン
セディナ学費ローン

東京フィルムセンターでは皆様からのご質問にお答えするための窓口を設けております。
お気軽にご質問ください。

※お電話( 0120-233-557)、 info@movie.ac.jpでも受け付けております

PAGE TOP