映画・映像・TV・演劇・俳優業界で『好き』なことを『仕事』にする学校

学費についてTuition

2017年4月入学者向け 学費一覧・諸費用について

映画制作科(3年制)

第1次納入金(学費) [納入時期]合格通知発行日から約10日以内

①入学金 (入学時のみ) ¥100,000
②授業料 (年額) ¥750,000
③設備維持費 (年額) ¥220,000
(1次合計) ¥1,070,000

第2次納入金(諸費用) [納入時期]2017年3月21日(火)まで 詳細は下説明をご覧ください。

④学友会費 (年額) ¥60,000
⑤総合演習費 (年額) ¥260,000
⑥その他の費用 (年額) ¥100,000
(2次合計) ¥420,000
一年次 学費総合計 ¥1,490,000

※定員:映画制作科 72名

映画俳優科(3年制)

第1次納入金(学費) [納入時期]合格通知発行日から約10日以内

①入学金 (入学時のみ) ¥100,000
②授業料 (年額) ¥750,000
③設備維持費 (年額) ¥220,000
(1次合計) ¥1,070,000

第2次納入金(諸費用) [納入時期]2017年3月21日(火)まで 詳細は下説明をご覧ください。

④学友会費 (年額) ¥60,000
⑤総合演習費 (年額) ¥260,000
⑥その他の費用 (年額) ¥100,000
(2次合計) ¥420,000
一年次 学費総合計 ¥1,490,000

※定員:映画俳優科 72名

諸費用

第2次納入金(諸費用)について

④学友会費 (年額)

学生主催イベントや業界特別講義、卒業後の同窓会、学校図書の充実などに使用されます。

⑤総合演習費 (年額)

カリキュラムの一環として授業以外に行われるさまざまな体験学習や実習・演習の他、研修や就職・デビュー対策などにも活用されます。

⑥その他の費用 (年額)

■マルチメディア教育振興費
IT教育の一環として学生一人ひとりにIDナンバーを発行し、校内でのフリーアクセスや就職活動、デジタル制作やホームページ制作などの指導に役立てます。
■機材補修費
コンピュータや周辺機器、各学科が実習で使用する機材および補修費に使われます。
■プリント資料費
各専攻の授業で必要なプリント資料、コンピュータによるプリントアウトなどの費用が含まれます。

諸費用とは別に下記費用が別途必要になります。

⑦健康管理費(20,000円/年額)

総合的な健康診断や傷害保険、提携病院での歯科・内科検診の自己負担免除などの費用となります。

⑧教本・教材費

教本・教材は専攻により内容が異なります。2月下旬~3月初旬にご案内いたします。

⑨学生サポート費(800円/年額)

インフォメーションシステム管理費(安否確認システム)、サポートアンケート、各種検定費など、学生生活のサポートのための費用です。

⑩海外実学研修積立金(50,000円/入学時のみ)

海外実学研修は1年次(秋頃)に授業の一環として実施します。
参加費用は総額400,000円前後で、渡航手続き時に残額を納入していただきます。
※万が一、不参加の場合は、進級時の学費(授業料)に充当します。

東京フィルムセンターでは皆様からのご質問にお答えするための窓口を設けております。
お気軽にご質問ください。

※お電話( 0120-233-557)、 info@movie.ac.jpでも受け付けております

PAGE TOP