映画・映像・テレビ・ライブコンサート・俳優業界で『好き』なことを『仕事』にする学校

ブログBlog

2017年8月26日今日の「のぞき穴!!」

+。:.゚講師&卒業生☆活躍情報.。+゚

こんにちは!阿部です(o◕ܫ◕)o

本日のブログは講師の先生、卒業の活躍情報を!!


FC TOKYOの2年生俳優科の授業を受け持って頂いております、

企画演劇集団 ボクラ団義 主宰の久保田唱先生 演出の舞台をご紹介致します!!

無題

舞台「 THRee’S[スリーズ] 」

―あらすじ―

~伝えなければ始まらなかった物語
始まらなければ伝えなかった物語が
いま始まる~

今から1800年以上の昔。場所は日本の西、今は『中国』と呼ばれている場所。都(みやこ)では董卓(とうたく)という一人の男が暴政とも言える酷い政治で領民達を苦しめていた。この男に逆らえる者は無く、逆らえば待つのは『死』のみ。

その董卓の悪政に嘆いた一人の老人、その名は王允(おういん)。老人は董卓の時代を終わらせるために立ち上がり策を巡らせたが、時は数年後・場所は処刑場。王允は今まさに、処刑によって『死』を迎えようとしていた。

処刑執行人が刀を振り上げる。しかし彼は、命乞いではなくその刀を振り下ろすのを少しだけ待ってくれと願い出る。「もうすぐここに自分の待つ男が一人来る」。その王允の言葉に、「何故誰かが来ることがわかる?」そう問う処刑人。

王允は語りだす。あの董卓が政権を握るよりも少し前より、この国を救うべく、三人の勇敢な若者が立ち上がったこと。そしてその三人と出会った、更に幾人もの勇敢な者達がいたこと。

三人の若者の一人が、恋をしていたこと。その恋がまた、新たな三人の男女の図式を作ることになったこと。

そしてその幾つかの「三」の物語が、あの董卓の悪政を揺るがす希望に繋がっていくこと……

時代を変えることを願った男が、ある星降る夜よりそれが使命に変わる-

そしてその夜より生まれる『三本の剣』……!?

初演以降、多くの再演の声がある中、昨年スピンオフ(この舞台の舞台袖)作品が上演され、待望の声が更に高まりついに実現!!新解釈の『三国志の序章』を豪華キャスト陣で描く!!時間交錯超スペクタクル舞台劇!!
IMG_3815


本校の舞台制作では殺陣を指導して下さっている、1期生の竹石悟朗さんや

昨年度卒業した11期生古谷淳さん、佐野愛維奈さん、島野知也さん

そして在校生もアンダーキャストとして参加しております!!!


日程:2017/9/15(金)~9/24(日) 全14公演

会場:CBGK シブゲキ!!

公演の詳細はこちら!


IMG_3816


全席指定席ですので

皆様お早めにお求め下さい!!(❀ฺ´∀`❀ฺ)


ではでは、本日のブログの担当は阿部でしたヾ(。>﹏<。)ノ゙

あわせて読まれている記事

記事一覧

PAGE TOP