映画・映像・テレビ・ライブコンサート・俳優業界で『好き』なことを『仕事』にする学校

ブログBlog

2015年4月30日映画・CG・美術

5月2日『ドラえもんCGワークショップ』開催く(“0”)>【映画・テレビ】


みなさんこんにちは~


【映画・テレビ】担当の木村です┗|・д・|┛ワーイ┗|・д・|┛


本日は5月2日(土)に開催される『ドラえもんCGワークショップ』のお知らせです!


ドラえもん3DCG


なんとなんと(◎ー◎;)

2015日本アカデミー賞最優秀賞作品「STAND BY ME ドラえもん」 の

アニメーション監督とアートディレクターが東京フィルムセンターに来校しますΣ(ノ°▽°)ノ!


講師の先生をご紹介!


八木 竜一 先生(白組アニメーション監督)

八木先生

CM・映画などのデジタルマット画やエフェクトアニメーションの制作でキャリアを積む。

CGディレクターとして『鬼武者』シリーズや『バイオハザード0』 など。

『鬼武者3』のオープニングムービーでは、SIGGRAPH 2004のElectronic Theaterに入選。

また、NHK 教育テレビ『うっかりペネロペ』や、CX『もやしもん』の菌の演出も務める。

監督作第一弾は山崎貴氏との共同監督作品『friends もののけ島のナキ』、監督2作目が『STAND BY ME ドラえもん』(山崎貴氏 共同監督)。


花房 真 先生(白組アートディレクター)

花房先生

1970年、岡山県生まれ。1992年、白組入社。

ゲームソフト「鬼武者」シリーズや、「バイオハザード」シリーズで、ムービーのアート&CGディレク ター。

SCEのゲームソフト、「ルールオブローズ」では、ゲームのアートディレクションやデザインを務め、

オープニングムービーは、アヌシーや広島などの 国際アニメーション映画祭で、ノミネートされた。

最近では、「Stand by meドラえもん」のキャラクター、背景、ひみつ道具のデザインや全体のアートディレクションなど、美術全般を取りまとめた。


日本中を感動の渦に巻き込んだ「STAND BY ME ドラえもん」メイキングセミナー


藤子・F・不二雄 生誕80周年記念して製作された『STAND BY ME ドラえもん』は

2014年夏から秋にかけて上映され、動員600万人、興収83億を記録( ゚Д゚)


3DCGアニメーションによって描かれる、懐かしくも、新しいドラえもん。


子ども時代に憧れた『ドラえもん』の世界にそのまま入り込める圧倒的な映像と

大人も泣ける感涙のストーリーは3DCGにするにあたり、どのように制作されたのか?

を圧倒的なメイキング映像と共に解説頂く貴重な特別講義です(☆ω☆*)


東京フィルムセンターだから実現した特別講義(♥ˊ艸ˋ♥)♬*!


高校生のみなさんのご参加お待ちしております(*゚0゚)!


詳細・申込みはこちら(●o’∪`o)ノ―♪`*.+


記事一覧

PAGE TOP