映画・映像・テレビ・ライブコンサート・俳優業界で『好き』なことを『仕事』にする学校

新型コロナウイルス感染拡大防止への
対応について

学校長よりコメント

在校生・新入生の皆さんへ

新型コロナウイルスの感染拡大、そして緊急事態宣言の発令という私たちが予想だにしなかった状況の中で、感染してしまうのではないかという恐怖やこの先々どうなっていくのかという不安を抱えて過ごされていることと思います。 現在、学校では日々変化する状況や政府の発表など、あらゆる情報にアンテナを張り巡らせながら、この緊急事態への対策案を練りながら学校再開に向けて、オンライン授業やICT(情報通信技術)を利用した個人面談などが出来るような環境整備を進めています。

また、皆さんの安全面を第一としながら、授業カリキュラムや教育スケジュール等の調整をおこない、皆さんの夢、目標がこの困難によって影響を受けることが無い様に、教職員一同準備を進めています。

どうか学生の皆さんもこの状況下で感染拡大防止のために自分自身でできること、

・不要不急の外出は避ける。
・手洗い、うがいはこまめに行う。
・3密を避ける。
(換気の悪い密閉空間・多数が集まる密集場所・間近で会話や発生する密接場面)
・外出する際は必ずマスクを着用し、人との距離を取る

など、各自がルールを守ってください。そして自分自身ができる精一杯のことをしてください。外出を控える、人と接するのも控えるなど、初めての経験で不便に思うこともたくさんあるかと思います。

しかし、この期間を皆さんお一人お一人が自分を高めていける充電期間ととらえて、これまで忙しくて時間があまり取れずにできなかったかもしれない、例えばたくさんの映画を観る、本を読む、音楽を聴くなど、国内海外での様々な作品に触れる機会や、また、基礎体力作りなど自分磨きをしてください。この期間が皆さんにとって、自分の引き出しを増やし、幅を広げるための情報を取り入れる時間と考えて、日々過ごしてください。この充電期間が必ず皆さんの将来に良い結果につながるはずです。

学校は必ず再開します。その時に全員が元気に揃って、我慢し続けた分を一気に共に夢に向かって駆け抜けて頑張っていきたいと思っています。

これまでも困難な時に力を与えてくれたのは私たちが関わっているエンターテイメントです。在校生、新入生の皆さん、あなたたちは一人ではありません。業界の方々、教職員が一丸となってこの状況を必ず乗り越えて一緒に業界を盛り上げ、たくさんの人を笑顔にできるよう願っています。

元気に笑顔でお会いしましょう。 感染者された方々のご回復、医療従事者への敬意と感謝、そしてこれからの社会、業界で必ず必要とされる皆さんお一人お一人の健康と安全を祈っています。

東京映画・俳優&放送芸術専門学校
学校長 澤田 隆治


PAGE TOP