Column

業界コラム

映像・動画

映像技術「VFX」の特徴って? CGとはどんな違いがあるの?

全世界で大ヒットを記録する映画はたくさんありますが、このような映画の中にはいろいろなグラフィック技術が取り入れられています。
それにより迫力のある映像を演出させることができ、観客たちに感動や驚きを与えているのです。

そんなグラフィック技術の主流といえば、私たちにも馴染みのあるCGが挙がりますが、実はこれ以外に「VFX」といった技術も使われています。
はじめてVFXという言葉を目にしたという方も多いと思いますが、一体これはどのような技術なのでしょうか。
今回は、VFXの特徴やCGとの違いについてご紹介いたします。

「VFX」とはどんな技術?

VFXは「Visual Effects(視覚効果)」の略称で、リアルの世界では見ることができない画面を演出させるために使われています。
例えば、強烈なアクションシーンでワイヤーを使ったとします。
そのワイヤーを除去する加工を施す映像技術がVFXにあたり、そのほかにも宇宙を飛び回っている船に乗っている顧客の撮影をし、宇宙船のCGと合成させる作業もVFXにあたります。

このように、現実にあるものと架空の世界観が必要な部分をつなぎ合わせて違和感がないように作り上げ、まるで現実に起こっているように編集する技術をVFXと呼んでいるのです。

「VFX」と「CG」の違いって?

VFXとよく比較されるのが「CG」です。CGも「コンピューターグラフィックス」と呼ばれているため「VFXとなにが違うの?」と疑問に思う方も少なくないでしょう。
VFXもCGもコンピューターを使って映像に加工をしていくことは変わりませんが、あえて違いを挙げると、CGはキャラクターやモノなどをすべて1から作り上げていくという特徴があります。
そのため、アニメ関連の映画や迫力のある見栄えが美しいゲーム映像などは、CGを取り入れて作られていることが多いのが特徴です。
この一方で、VFXはあくまで「実際に撮影した映像」を利用した上で加工をしていきます。

リアルで撮影ができる箇所は人間や実物を使って撮影を行い、現実では起こり得ない部分に関してコンピューターの力を利用して合成を加えていくことで、迫力のあるリアリティ満載な映像を作り上げることができるのです。
とはいえ、現在はVFXでもCG寄りの映像が生まれてきたり、CGも実際の映像の大差ないような精密な映像ができるようになったことから、CGとVFXの間にはそこまで明確な違いは見られなくなりました。

現在活用されている映像技術ではコンピューターでできることが増えてきたため、それぞれの技術を複雑に絡め合わせて1本の映像を作り上げています。
今後は両者間の線引きも薄れていくのではないかと予想されています。

「VFX」と「CG」の違いって?

最近ではVFXやCGの技術が進歩し、できることが増えてきたため、迫力のある映像制作が可能になりました。
映像制作者の中では、これらの技術が高まったことにより「自分のイメージしている映像を作りやすくなった」と感じている方も少なくありません。
映像技術に興味があり、作りたい映像があるという方は、VFXやCGなどの最先端の技術に触れてみてはいかがでしょうか。

Page top