Column

業界コラム

映像・動画

現代アニメを背負う存在「CGアニメーター」の仕事内容とは?

現代アニメを背負う存在「CGアニメーター」の仕事内容とは?

日本が世界に誇る文化の1つといっても過言ではないのが、アニメ作品です。
日本のアニメは世界各国で放映されていて、世界中にファンがいます。
日本のアニメが好きで来日する観光客や留学生もいるほどです。
そんな誇るべき日本のアニメですが、制作の過程や仕事内容を詳しく掘り下げていくと、本当にたくさんの人々が関わっていることがわかります。

中でもアニメを実際に作り上げていくCGアニメーターという職業は現代の日本アニメに欠かせない存在です。
そこで今回は、CGアニメーターに注目をして、仕事内容や必須スキル、就職までの道のりなどをご紹介いたします。

CGアニメーターの仕事内容とは?

CGアニメーターは、CGの技術を使ってアニメーション動画を作成するのが仕事です。

アニメーションに出てくるキャラクター決めはモデラーやキャラクターデザイナーが決めるため、CGアニメーターはすでにでき上がっている3Dキャラクターに動きをつけていきます。体の動きに合わせて髪や洋服をなびかしたり、自然な表情や動きを作ったりしなければならないため、CG技術はもちろん想像力やセンスも必要です。

人間だけでなく、動物や機械、背景、特殊効果なども作成することがあるため、さまざまな物の動きについて精通する必要があります。
また、日本のアニメというとテレビアニメを想像しがちですが、映画やドラマ、CM、ゲーム、アプリなど、アニメーションと関わりのあるさまざまな媒体で活躍することができます。
CG時代といえる昨今、CGアニメーターの活躍の場は広がり続けているのです。

CGアニメーターに必要なスキルとは?

CGアニメーターになるためには、アニメーションを作るための専門ソフトを使いこなす技術や知識が必須です。
近年では専門ソフトの種類も増えたため、それぞれの特性を理解して使い分けることも必要といえます。

常に新しいことを追いかけ、CGの新技術やトレンドはもちろん、アニメーション以外の流行などにもアンテナを張っておくことが大切です。
また、1つのシーンを作り上げるだけでもたくさんの技術を使い、時間もかかります。
根気強く作業を続けられる気力と集中力も必要です。

CGアニメーターになるための道のりとは?

CGアニメーターとはいえ、基本的なデッサン能力や映像計画能力、編集能力、色彩センスなども必要になります。
これらのようなアニメーションの基礎を学ぶためには、専門学校に進学するのがおすすめです。
専門学校に進学することで、実際にアニメーション業界で活躍するプロの指導を受けることができます。学生のうちからプロと触れ合うことで、現場の厳しさや楽しさを肌で感じることができ、CGアニメーターとして一人前になるための強みにもなります。

また、CGアニメーターは人気の職業ですが、需要もたくさんあるため求人数も豊富です。
就職難といわれている現代において、CGアニメーターはとても有利な仕事だといえます。
特別に必要な資格などはありませんが、知識や技術は必須なので専門学校でしっかりと学ぶことをおすすめします。

DITになるためにはどうすればいい?

手書きのアニメにも温かみや親しみなどの良さがありますが、最新テクノロジーを使って作り上げたCGアニメには、感動の映像美や人を魅了するしなやかな動きなどの魅力があります。
CG技術を身につければ、たとえアニメーションでなくともさまざまなところで活用できます。ぜひ将来の夢を見つけたいという方は、CGアニメーターを選択肢の1つにしてみてはいかがでしょうか。

Page top