Column

業界コラム

映像・動画

ドローンを仕事にしたい! ドローン操縦士ってどういう仕事をするの? 

ドローンを仕事にしたい! ドローン操縦士ってどういう仕事をするの?

近年ではさまざまな分野でドローンが活用されるようになりました。
空中撮影や特殊撮影だけでなく、荷物を運ぶドローンや畑に農薬散布をするドローンなども登場し話題を集めています。そんなドローン操縦を仕事にするためにはどうしたらよいのでしょうか?
今回は、ドローン操縦士を目指すための方法や、ドローンを活用した仕事の具体的な内容について紹介します。

ドローンを仕事にするための方法は?

ドローンを使った仕事というと、空撮や特撮、コマーシャル撮影やプロモーションビデオ撮影といったテレビ映像を思い浮かべる人も多いと思います。
映画やドラマの撮影、テレビ中継や記録映像の作成など、近年では多くの現場でドローンが取り入れられるようになりました。

今現在の日本にはドローンの操縦士になるための公的な資格というものはなく、誰でもすぐにドローン操縦士になることができます。
フリーのドローン操縦士として映像制作などを請け負う人もいる一方で、測量の会社やドローンを活用できる企業に就職し、ドローン操縦士として活躍している人も多いものです。

測量分野でのドローンの活用方法とは

ドローンが多く活用されている分野のひとつに、測量があります。
建設現場や工事現場では、施工前に地形の3Dデータ作成のための測量が行われます。

以前は、航空写真による測量や、航空機から地上にレーザーを飛ばして距離を測定するレーザー測量が主流でした。
しかしドローンを活用すれば低コストかつ短時間で正確な測量が可能になることから、測量分野でのドローン操縦士のニーズはかなり高まっています。

ドローンはさまざまな分野で活用される

農業の分野でもドローンは注目を集めています。農薬や肥料をドローンに搭載して散布する技術は、農業の効率を飛躍的にアップさせる新しい方法として注目されています。
最近では、ドローンを警備に活用するという警備会社も出てきました。また、ドローンに荷物を運ばせる宅配方法も話題を集めています。
災害時に、人間が立ち入れない被災地にドローンを飛ばして被災状況を確認するというのも、ドローンの重要な用途のひとつです。

ドローン操縦を仕事にするための方法

ドローン操縦を仕事にするための方法

ドローンを仕事にするためには、ドローンの操作方法を熟知している必要があります。
ドローンに関する民間の検定試験はいくつかあるので、ドローン操作に慣れてきたら受験してみるのもおすすめです。
ドローンはいつどこで飛ばしても良いというものではありません。空港周辺や人口の多い地域の上空などでドローンを飛ばすときには国土交通省の許可を受ける必要があります。
ドローンに関する法整備はまだまだ整っておらず、飛行ルールは今後も変わっていく可能性があります。
ドローンを仕事にしようと考えているのなら、最新の情報をチェックしておくことが大切です。

最近は趣味としてドローン操縦を始める人も多く、ドローンはますます注目を集めるツールになっていくと考えられます。「ドローン操縦の仕事をしてみたい」「ドローン操縦のスキルを身につけたい」と考えているのなら、ドローンの操縦技術を専門的に学べるスクールに通うのもおすすめですよ。

Page top