Column

業界コラム

映像・動画

アーティストとの共同作品! PV撮影を手がける映像作家の仕事内容は? 

アーティストとの共同作品! PV撮影を手がける映像作家の仕事内容は? 

アーティストの魅力を余すところなく表現するきらびやかなPV(プロモーションビデオ)に思わず目を奪われたという経験のある人も多いと思います。
PVは、アーティストが作り上げた音楽やパフォーマンスの魅力をPRするための映像作品です。PV撮影にはどんなスタッフが関わっているのでしょうか? PV撮影を仕事にするためには必要なスキルはあるのでしょうか? 今回は、将来アーティストと関わってPVを作ってみたいという方に向け、PV制作の仕事内容を紹介します。

PV撮影にはさまざまなスタッフが関わる

1本のPVを制作するまでの過程には、さまざまなスタッフが関わるものです。
まず必要なのは、PVの骨子を決めてあらゆる指示を出しながらPVを作り上げていくディレクター(監督)、そしてプロデューサーや演出家の存在。
PV撮影をする前には、ディレクターや演出家が映像の流れを把握するために絵コンテを作成します。
PVのイメージが出来上がったら、カメラクルー、特殊効果や美術スタッフ、音声や照明の担当者が協力して撮影をしていきます。

PV撮影の現場では、スタイリストやメイクアップアーティストといったスタッフも活躍します。

撮影後には映像編集者、サウンドクリエイターがPVを仕上げていきます。近年では多くのPVにCG技術が使われるようになり、CGデザイナーの活躍の場も広がっています。

PV撮影はアーティストとの共同作業

アーティストのPRをすることが、PV撮影の大きな目的のひとつ。
そのため、映像作家にはアーティストの音楽やパフォーマンスの魅力を最大限に引き出すような映像を撮影する技術が求められます。
ミュージシャンのPVを撮影するときには、ミュージシャンの「こんなPVにしたい!」という希望をできる限り叶えたいもの。

そのためには、普段から映像に関する知識を地道に収集し、映像編集のスキルを高めておくことが大切です。
知識を底上げしておけばミュージシャンにさまざまな提案ができ、映像制作の幅も広がります。
ミュージシャンやスタッフと協力してとっておきのPVを作り上げることが、映像制作という仕事の醍醐味なのです。

PV撮影を仕事にするための方法は?

芸人のマネージャーになるための道は?

PV撮影をする映像作家になるためには、特別な資格や免許は必要ありません。フリーで映像作家をしている人もいますが、多くの映像作家はテレビ局や番組制作会社に所属しています。
中には、映像制作専門の会社で映像ディレクターや映像編集者として活躍している人もいます。
PV撮影を手がける映像作家になりたいのなら、さまざまな映像に触れ、映像制作のスキルを学んでおくのが良いですね。
デジタルカメラなどを活用して映像の撮影や編集の方法を研究しておくのもおすすめです。
映像制作について専門的に学べるスクールに通って生きた技術を身につけることも、PV撮影を仕事にするための近道といえます。

PV撮影をする映像作家というのは、さまざまなアイディアを駆使したとっておきのPVを撮影し、アーティストの活動を盛り上げていく魅力ある仕事です。
PV撮影という仕事を目指すのなら、まずは映像制作の手法について専門的に学ぶことをおすすめします。

Page top