Actor

Column

業界コラム

映像・動画

【基礎編】憧れのYoutuberになるにはどうしたらいい? どんな能力が必要? 

【基礎編】憧れのYoutuberになるにはどうしたらいい? どんな能力が必要? 

憧れのYoutuberになるには、どのようなスキルを磨いていけば良いのでしょうか? 
近年では、Youtuberという職業が小学生の「将来の夢ランキング」にも登場しています。
楽しみながら動画撮影をし、それを公開することで人気を集められるというのがYoutuberという仕事の醍醐味です。

今回は、たくさんのアクセス数を稼ぐ人気のYoutuberになるにはどうすればよいのかを紹介します。

Youtuberの仕事ってどういったもの?

Youtuberは、自分で制作した動画をYoutubeにアップして、動画の再生回数に応じて得られる広告収入で稼いでいくという仕事です。
動画はパソコンやカメラで撮影し、あとはYoutubeのアカウントを設定した上でWeb上にアップするだけなので簡単です。

ただし、Youtubeには世界中から毎日たくさんの動画がアップされているため、作成した動画をアップしてもほとんど再生されずに埋もれてしまうこともあります。
Youtubeにアップした動画は多くの人に見てもらわなければ意味がないので、さまざまな工夫をこらす必要があります。

人気のYoutuberになるための方法

たくさんの人に親しんでもらえるYoutuberになるためには、一般の人に馴染みのないものではなく、身近なものを取り上げるのがおすすめ。
雑貨やおもちゃのレビュー、実験やゲーム実況のほか、日常のあるあるや「やってみた」の動画が人気を集めやすい傾向にあります。

動画を定期的に作ってアップすることも、人気のYoutuberになるための大切な方法です。
視聴者に自分を売り込むため、最低でも週に1本、できれば毎日といった頻度で動画をアップしていく継続力が大切です。

Youtuberに必須の「発想力」とは?

ベーシックなネタに個性をプラスするのが、Youtuberとして人気を集めるためのコツ。

再生回数を伸ばすためには、他の動画とは違う個性を演出する必要があります。
インパクトのある服装をしてみたり、方言や英語を使ってしゃべってみたりと、見る人を夢中にさせるようなアイディアをプラスしたいですね。
流行のアイテムを取り上げたり、話題のニュースに関する動画を作ったりと、ブームに合わせた自分らしい動画を作るのも再生回数を伸ばす方法の1つです。

Youtuberとして人気を集めるためには、独自のアイディアを詰め込んだ動画を制作する発想力が必須といえます。

Youtuberには動画編集スキルも必要

Youtuberには動画編集スキルも必要

人気のYoutuberになるには、動画を編集するパソコンスキルを磨いておくことが大切です。
撮影した動画をそのままアップしても、なかなかアクセスは伸びないもの。

動画編集ソフトを使えば、余計な部分をカットして動画のおもしろい部分だけをつなげることができ、より楽しい動画に仕上がります。
音を足したり文字を入れたりすれば、さらにインパクトのある動画になりますね。自分のロゴを作って表示したり、エンディングムービーを作ったりするのも有効です。
売れっ子のYoutuberになるため、動画編集や演出法を勉強して凝った動画を制作してみましょう。

人気のYoutuberになるには、おもしろい動画をどんどん作る発想力や、動画を編集するパソコンスキルが必要です。
好きなことや楽しいことをどんどん動画にしてアップし、多くの人から視聴してもらえる有名なYoutuberを目指したいですね。
企画力や動画制作の基礎、動画編集スキルを学ぶために専門学校に通うのもおすすめです。
動画編集のプロに指導してもらえば、将来Youtuberとして活躍するためのスキルを効率的に身につけることができます。

EVENT
映像・動画の専門学校のオープンキャンパスに参加してみませんか?
Page top