ライブコンサート

音楽プロデューサーとはどんな仕事? なるためにはどうすればいい?

音楽プロデューサーとはどんな仕事? なるためにはどうすればいい?

「音楽の分野で活躍したい」「売れる音楽を生み出したい」という夢を持つ人には、音楽プロデューサーの仕事がおすすめです。
音楽プロデューサーには、表舞台に立つアーティストを総合的にプロデュースする役割があります。
音楽プロデューサーは具体的にはどういった仕事をするものなのでしょうか?
そこで今回は、音楽プロデューサーの仕事内容や、音楽プロデューサーを目指すための方法について紹介します。

音楽プロデューサーとはどんな仕事?

音楽プロデューサーとは、音楽の制作全般を取り仕切る仕事です。
音楽プロデューサーはまず、アーティストをどう売り出すかというコンセプトを決定します。
続いて、アーティストの方向性に合わせた作詞家や作曲家、アレンジャーを選んで楽曲を用意し、レコーディングをします。
レコーディング時のスタジオミュージシャンやエンジニアを選定するのも音楽プロデューサーの役割です。
楽曲ができあがったら、CDジャケットのデザインや撮影、ミュージックビデオの制作を行います。
これと並行して、メディアの取材やライブの企画といったプロモーション関連業務を進めていきます。

また、音楽制作に関わる予算を管理するのも、音楽プロデューサーの大切な仕事の1つです。

音楽プロデューサーになるための方法とは

音楽業界に身を置いてさまざまな経験を積むことが、有能な音楽プロデューサーになるための近道です。
音楽について学べる専門学校に通って技術を磨いたあと、レコード会社など音楽業界の企業に就職するなどし、キャリアを重ねるのがおすすめです。
中には会社に所属しないフリーランスの音楽プロデューサーや、自ら音楽制作会社を立ち上げて活動する音楽プロデューサーもいます。
こういった音楽プロデューサーを目指す場合でも、まずは音楽関連の会社で働き、専門知識やスキルを得るのが得策です。

音楽プロデューサーに必要な能力とは

音楽プロデューサーには、アーティストやスタッフと連携するコミュニケーション能力の高さが求められます。
音楽プロデューサーはときに、レコーディングやプロモーション活動などさまざまな業務を並行して進めていく必要があります。

また、何組ものアーティストを同時進行で担当することも多いため、柔軟さやフットワークの軽さも大切です。
「聴く人を感動させ、一時代を築けるような音楽を世に送り出したい」という目標を持つ人もいることでしょう。
優秀な音楽プロデューサーになるためには、トレンドを読み解くセンスや、新しいものを作り上げたいという強い野望が必要不可欠です。

音楽プロデューサーに必要な能力とは

音楽プロデューサーとは、自分が作り出した音楽で時代を作っていく夢のある仕事です。
音楽プロデューサーとして成功を掴むためには多くのスキルや経験を得る必要があります。
優れた音楽プロデューサーになるためには、専門学校に進学して音楽について専門的に学び、音楽の知識や技術を積み上げていくのがおすすめです。

ライブコンサート業界で『好き』なことを『仕事』にする学校「東京放送芸術&映画・俳優専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light