映画・映像・テレビ・ライブコンサート・俳優業界で『好き』なことを『仕事』にする学校

業界コラムColumn
映像・動画

テレビのカメラマンになるにはどうすればいいの?

テレビのカメラマンになるにはどうすればいいの?

テレビ番組には様々なスタッフが関わっていますが、中でも出演者や風景を撮影するカメラマンは重要な役割であり、美しい映像や迫力ある映像を自分で撮影してみたいと思う人は多いことでしょう。
テレビ番組の制作に関わるカメラマンになるにはどうすればいいのでしょうか? 
今回はテレビのカメラマンになるための方法についてご紹介します。

テレビのカメラマンの仕事はどういうことをするの?

カメラマンは、テレビ番組に必要な映像素材すべてを撮影するのが仕事です。
カメラマンはただ目の前のものを撮影するのではなく、ディレクターの意図する映像を撮影することが求められます。
またニュースやスポーツ、生放送など撮り直しがきかないものを撮影するためには、知識や技術とともに経験や臨機応変な対応ができることも必要です。
テレビ番組の制作には多くの人が関わっているため、どんな映像を撮影するべきか他のスタッフと情報を共有しなくてはなりません。
そのため、撮影技術や知識、センスだけではなくコミュニケーション能力も求められます。

テレビのカメラマンになるには専門学校が近道

テレビ局のカメラマンには、テレビ局の社員、テレビ局が外注している制作会社の社員のほか、フリーランスなど様々な働き方があります。
フリーランスになるにはキャリアが必要ですから、まずはテレビ局や制作会社に入社するのが早道です。
テレビ局や番組制作会社に入社後、先輩カメラマンから技術を学ぶケースもありますが、番組制作に必要な最低限の知識や技術を持っていたほうが有利になります。
そうした知識や技術を身に着けるためには、映像制作や放送技術について学べる専門学校に入るといいでしょう。
放送用のカメラの扱い方だけでなく、カメラワーク、スタジオやライブなどシチュエーション別の撮影技術や、音響や照明といったほかの学科のスタッフとの共同作業も経験できます。

専門学校卒業後、テレビのカメラマンになる方法

専門学校を卒業後は、テレビ局や番組制作会社のカメラマンの求人に応募するのが一般的です。
近年は地上波の放送局以外にも衛星放送やネット配信、ショップチャネルなどでのスタジオを使った番組も増加していることから、カメラマンが活躍できる現場も増えています。
地方では放送局やスタジオの数が限られていることから、カメラマンとして働くことを考えているなら首都圏で仕事を探すといいでしょう。

美術スタッフになるために欠かせない「デッサン力」の鍛え方

テレビのカメラマンになる方法についてご紹介しました。
自分の撮影した映像が多くの人の目に触れたり心を動かしたりする点が、カメラマンの醍醐味と言えるでしょう。
カメラマンは技術職なので、経験も必要不可欠です。
カメラマンを目指すなら、まずは専門学校に行きカメラの扱いや撮影技術を学ぶのが近道と言えます。

PAGE TOP