Actor

Column

業界コラム

俳優

ヒーローになって大活躍してみたい! 憧れのスーツアクターになるには

ヒーローになって大活躍してみたい! 憧れのスーツアクターになるには

「スーツアクターになって活躍したい!」という憧れを抱いたことのある人もいると思います。
スーツアクターはヒーローだけでなく、企業やご当地のマスコットキャラクター、怪獣や怪人など、さまざまなスーツやきぐるみを着用してアクションをします。
全身を動かしてキャラクターを演じきる姿はとてもかっこいいものですよね。
スーツアクターになるにはどうしたらよいのでしょうか?今回は、スーツアクターを目指すための方法について詳しく紹介します。

スーツアクターになるための方法は?

戦闘シーンなどのアクションをこなすスーツアクターになるためには、アクションショーの代理店をしている事務所や、スタントマンの事務所に所属する必要があります。

また、一般の芸能事務所にあるスーツアクターの部門に所属して活動するという人もいます。
事務所では最初は、基礎体力をつけるためのトレーニングのほか、戦闘演技のテクニック、安全なアクションをするための心構えについて学ぶことになります。

スーツアクターとして働く魅力は?

スーツアクターは決して楽な仕事ではありませんが、ほかにはない喜びがあります。それは子どもたちの笑顔や声援です。
子どもたちにとってスーツアクターはヒーローのような存在。小さな子どもたちが自分たちの演技に一喜一憂してくれる、この充足感はほかの仕事では味わい難いのではないでしょうか。

スーツアクターには体力が必要不可欠!

スーツアクターには、プロスポーツ選手や格闘家に匹敵するほどの運動神経が求められることもあります。

しかし、スーツアクターは必ずしも筋肉質である必要はありません。
ときには、細身のスーツや背丈の小さいスーツを身につけて演じるというパターンもあります。
スーツアクターに求められるのはガッシリとした体型ではなく、体幹をきちんと鍛えておくことなのです。
跳躍力や平衡感覚といった高い身体能力も、スーツアクターとして活躍するために必須といえます。

ヒーロー系のお仕事では、派手な戦闘シーンが取り入れられることも少なくありません。
そのため、殴ったり跳んだりといった動きを身につける必要があります。また、シーンに応じた演技をする集中力や柔軟性も大切です。

スーツアクターの演技のポイント

スーツアクターの演技のポイント

スーツアクターはときに「中の人」と呼ばれることもありますが、有名なスーツアクターであっても「中の人」が表に姿を出すことはほとんどありません。
スーツアクターとほかの俳優の一番の違いは、演技のときに視線や表情を使えないということ。

さらに、ほとんどのスーツアクターは声を発することなく無言で演技をすることになります。
無表情なスーツを着た状態で生き生きとしたヒーローの様子を演じるためには、かなりの技量が必要になります。
スーツを着用しながら演技をするときには、全身を大きく使って動きや感情を表現することが肝心です。

パントマイムの練習をしておくことも、スーツアクターとしての演技力を高めるために役立ちます。

スーツアクターになるには、早いうちから体幹を鍛えるトレーニングを積んだり演技力を磨いたりしておくことが重要です。
スーツアクターになるための演技の練習ができる専門学校で、将来に向けての経験を積むのもおすすめですよ。

EVENT
俳優の専門学校のオープンキャンパスに参加してみませんか?
Page top