映画

映画監督とは具体的にどんな仕事をしている人?

映画監督とは具体的にどんな仕事をしている人?

映画監督と言えば「映画の最高責任者」「映画制作の第一人者」というイメージがありますが、具体的な仕事の範囲についてはなかなか知られていないものです。
映画監督の仕事は「映画の品質を確保する」ことにあり、準備段階から撮影、編集作業まで一貫して指示を出していきます。

今回は映画の品質を確保する映画監督の仕事に焦点を当ててご紹介しましょう。

映画監督の仕事1 撮影前には配役・ロケハン・衣装の選定を行う

映画監督は、撮影開始前から仕事が始まります。まず撮影する映画をどのように演出するかを決定し、イメージにぴったりのキャストを選んでいきます。イメージ通りの役者がいれば直接オファーすることもありますし、イメージ通りの役者がいない場合はオーディションを行ってキャストを選ぶこともあります。
また、撮影場所を探すロケハン、衣装や小道具の決定も監督の仕事です。衣装や小道具が決定すれば、どのように見せるのが最も効果的かを決定するためにカメラ、照明、セット製作の責任者との打ち合わせも行います。
いずれも作品の出来を左右するばかりでなく、監督の美意識が反映される重要な仕事です。

映画監督の仕事2 撮影中はカメラワーク・役者への指示出しなど

撮影開始後は撮影場所やカメラワークを決定し、どのような映像を撮るかを決めていきます。映画の出来を左右するので、監督のイメージ通りの映像が撮れるまで何度もテイクを重ねることも珍しくありません。
また、役者への演技指導も監督の仕事の一つです。さらにカメラマンや照明など製作スタッフへの指示も監督が行うなど、映画の撮影現場は監督なしでは進行しないと言っても過言ではありません。

多くのスタッフに指示を出す立場にあるため、スタッフの期待や不安・不満、焦りといった感情を受け止めなければなりませんし、現場でのトラブルの責任はすべて監督が背負います。拘束時間が長く自由時間もほとんどないなど、撮影中の映画監督は精神的・体力的にも非常にハードです。

映画監督の仕事3 撮影後は編集作業・プロモーションを行う

撮影終了後は、撮影した映像を効果的につなぎ合わせて作品を完成させていきます。
どこでどのカットを使うか、効果音やCG等の効果をどう入れるかも監督のセンスに任されるため、編集は重要な作業です。編集作業そのものは編集スタッフが行い、監督はイメージ通りに仕上がるように編集スタッフに指示を出していきます。

映画が完成後は多くの人に見てもらえるよう、テレビや雑誌の取材に応じたり、全国の映画館を回ったりといったプロモーション活動を行うことも増えてきました。

映画監督とは具体的にどんな仕事をしている人?

映画監督の具体的な仕事内容についてご紹介しました。映画監督の仕事の範囲に決まりはないので、一般的に映画の企画や、製作費の調達・管理・作品のプロモーションに関してはプロデューサーの仕事ですが、監督が兼任することもあります。
また、映画の最高責任者でありながら、スポンサーやプロデューサーの意向も取り入れるという能力も必要です。このことからわかるように、映画監督はさまざまなスキルが必要な仕事といえます。
このような能力を鍛えて、日本を代表するような映画監督になるためには10代の若いうちから技術や知識を深めておくことがおすすめです。

映画監督コースのある専門学校に進学することで、プロの現場で活かせる技術や知識を学ぶことができます。
映画監督は仕事や役割がたくさんある仕事ですが、その分にとても大きなやりがいと名声を手に入れることができます。自分の作品で世界中の人々に感動や幸せを与えることも可能です。

夢の映画監督という道の第一歩として、専門学校への進学をご検討ください。

映画業界で『好き』なことを『仕事』にする学校「東京放送芸術&映画・俳優専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light