Column

業界コラム

マネージャー

マネージャーの仕事が向いている人の特徴は?

マネージャーの仕事が向いている人の特徴は?

芸能マネージャーの仕事は、タレントや俳優、芸人といったさまざまなジャンルの芸能人を裏方からサポートすることです。
エンターテインメントの世界で活躍する芸能人を支えるには、どのような人が向いているのでしょうか?
ここでは、芸能マネージャーの仕事内容について解説するとともに、マネージャーの適正や向いている人の特徴などをご紹介します。

マネージャーの仕事に必要な能力は?

芸能マネージャーの仕事は、担当する芸能人や番組の制作スタッフ、プロデューサーなど、多くの人との関わりながら進めていくものがほとんどです。
そのため、幅広い世代の人とスムーズに会話ができる社交性や、複数の人と協力し合える協調性などが求められます。
また、競争が厳しい芸能界の中でより多くの仕事を得るためには、業界内で多方面の人と強い信頼関係を築くことも大切です。
そのためにも、日ごろからどんな場所でも礼儀正しく、常識的な行動を周囲に示さなければなりません。

さらに、遅刻などのトラブルで周囲に迷惑がかからないよう、芸能人のスケジュールをしっかり管理できる能力も必要といえます。

マネージャーの仕事に向いているのはどんな人?

芸能マネージャーは、自分が担当する芸能人が業界の第一線で活躍し続けることを目標に掲げ、日々さまざまなサポートを行います。
宣伝活動やスケジュール管理といった表向きのマネジメント業務だけでなく、時には芸能人の悩みなどを親身になって聞き、精神的な支えになることもしばしばあるのです。
そのため、「人に尽くして働きたい」という気持ちを強く持つことができる人が芸能マネージャーに向いているといえます。

また、裏方の職業とはいえ、エンターテインメントの業界に携わる一員として自ら新しいアイデアを生み出し、すぐに実行できるような行動力のある人も現場で重宝されます。

マネージャーの仕事をする上で大切なこと

芸能マネージャーは、「どうすれば担当する芸能人が売れ続けるか」ということを常に意識しながら働く必要があります。
とにかく目の前の仕事を1つ1つ丁寧にこなすことも大切ですが、時には担当する芸能人の将来を客観的に見つめなおすことも大切です。

流行が目まぐるしく変わる芸能界で生き残れるよう、冷静なアドバイスができる余裕を持たなければなりません。
専門学校に入学してエンターテインメント業界で働く上で大切なノウハウを学び、高いマネジメント能力を身に着ければ、いろいろなタイプの芸能人のマネージャーとして活躍できる道が開けますよ。

マネージャーの仕事をする上で大切なこと

多くの人を笑顔にしたり、感動させたりすることができる芸能界。芸能マネージャーは、そんな華やかで刺激あふれる世界を支える一員として、他業界にはないやりがいや達成感を味わえる職業です。
芸能人のよきパートナーとなり、共に成長しながらさまざまな経験を積むことができます。
「人が好き」「人の心を動かす仕事がしたい」という方にぴったりの職業です。
芸能マネージャーに興味のある方は、今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてくださいね。

Page top