映画・映像・テレビ・ライブコンサート・俳優業界で『好き』なことを『仕事』にする学校

業界コラムColumn
マネージャー

構成作家との違いって? 放送作家の仕事内容や道のり

構成作家との違いって? 放送作家の仕事内容や道のり

テレビやラジオ番組を作る職業の1つに、「放送作家」が挙げられます。
では、具体的にどのような仕事をしているのでしょうか?

また、似たような職業として「構成作家」というものがありますが、放送作家との違いまではよく分からないという方も多いはず。
今回は、放送作家の仕事内容を解説するとともに、構成作家との違いや放送作家になるための道のりについてご紹介します。

放送作家の仕事内容について

放送作家とはテレビやラジオ番組の制作において、番組の企画を考えたり、台本を作成したりする人のことをいいます。
テレビやラジオにはさまざまなジャンルの番組がありますが、どのような内容でも必ず台本があり、それを元に番組が作られるのです。
台本には、番組中に流れる「ナレーション」や、出演者のセリフなども細かく書いてあります。
放送作家は、番組制作の要である台本を書く重要な役割を担っているのです。

放送作家と構成作家の違いって?

放送作家が番組内の細かい演出方法やセリフなどを考えるのに対し、構成作家は番組全体のコンセプトや流れ、コーナーごとのおおまかな企画などを行います。
ただし、この2つの職業にはっきりとした役割の線引きはなく、放送作家が番組全体の構成をすることもあれば、構成作家が具体的な演出なども手掛けることも少なくありません。
どちらにせよ、1つの番組ができるまでには放送作家と構成作家の両方のアイデアが組み合わさっているのです。

放送作家になるための道のりについて

放送作家になるまでには、決まった道のりなどは特に存在しません。
また、放送作家になるために必要な資格や学歴もありません。
その証に、現在テレビなどで活躍している放送作家達はそれぞれ異なった経歴の持ち主です。
大学や専門学校を卒業後、テレビ局や番組制作会社で経験を積み、放送作家として活動する人もいれば、放送作家に弟子入りして修行する人もいます。

また、テレビ番組のシナリオコンクールに応募してデビューのチャンスを狙うという道もあるのです。
放送作家に必要なスキルはいくつかありますが、中でも「文章力」や「発想」、「幅広いジャンルの知識」などが特に重要といえます。
文章力は台本を書く上で必須の能力ですし、見ごたえのある面白い番組を企画するためには豊かな発想力やそれを裏付ける知識が必要不可欠です。
専門学校に入学すると、台本を書くための基礎や企画の出し方など、専門的なノウハウをたっぷりと学ぶことができます。
放送作家として即戦力になれるヒントが盛りだくさんですよ。

マネージャーの仕事をする上で大切なこと

テレビやラジオ番組の制作現場において、放送作家はなくてはならない存在と言っても過言ではありません。
放送作家の仕事の大きなやりがいは、自分のアイデアが形になり、それが多くの視聴者に楽しんでもらえたり、感動してもらえたりするところにあります。
この喜びは、他の職業では味わえない特別なものがあります。
放送作家の仕事に興味のある方は、今回ご紹介した内容を参考にしてみてくださいね。

PAGE TOP