マネージャー

意外な動機も! タレントマネージャーになろうと決めたキッカケとは

意外な動機も! タレントマネージャーになろうと決めたキッカケとは

タレントのマネージャーは昼夜を問わずタレントを支える、縁の下の力持ちといえる存在です。
一般の会社とは全く違う働き方が求められるマネージャーの仕事に「大変そう」という印象を持つ方もいるかもしれません。

では、世のタレントマネージャーは、どういった理由でマネージャーという仕事を選んだのでしょうか? 
今回は、タレントのマネージャーが「この仕事をしよう!」と決意したキッカケを紹介します。

タレントマネージャーになろうと決めたキッカケ4つ

1. ブームの火付け役になりたい

芸能界での仕事には、ブームを作り上げていくおもしろさがあります。
マネージャーはただタレントのうしろをついて歩くのではなく、ときにはタレントとともに新しいブームを作り上げていく気持ちも必要となります。
これからどういったものが流行るのか、どんなタレントに人気が集まるのかという時代の流れを読み解くことが、タレントマネージャーとしての成功につながるのです。

2. エンターテインメントが好き

テレビの世界や映画の世界が好きで、エンターテインメント性の高い仕事をしたいと考えてタレントマネージャーになる人もいます。
新しいブームを作り上げていく仕事はとてもワクワクするものです。タレントの新しいチャレンジを新鮮な気持ちで見守ることができるのは、タレントマネージャーの特権といえます。
有能なマネージャーとして活躍するためには、最先端のエンターテインメントを常にチェックしておくことが大切です。

3. 人のお世話にやりがいを感じる

タレントマネージャーは、タレントを陰からサポートする仕事です。
誰かをお世話することに喜びを感じる方にとっては、マネージャーの仕事は天職といえます。
自分が主役として活躍するのではなく、タレントをサポートして大スターの座に押し上げたいと考えている方は、タレントマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか。

4. 芸能界で働くことに憧れていた

芸能界で働くことに憧れてタレントマネージャーという仕事を選んだ人もいます。
芸能界は一般的な会社とは全く違う華やかな世界なので、日々多くの刺激を受けられるという魅力があります。
タレントを支えるマネージャーという仕事をする上では、さまざまな人とコミュニケーションを取る必要があります。
ときには憧れの芸能人と会話ができることもあるかもしれません。
さまざまな芸能人と親しくなれれば、仕事へのモチベーションも上がりやすくなります。

タレントマネージャーになろうと決めたキッカケ4つ

芸能界の裏方として活躍するタレントマネージャーには、さまざまな志望動機があるものです。
エンターテイメント性の高い世界で誰かをサポートしたい、新しいブームを作りたいと考えているのなら、タレントマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか。
タレントマネージャーになりたいのなら、専門学校で芸能界での仕事について学ぶのがおすすめです。
番組制作やプロモーション、マネージメントの方法を学んでおけば、将来きっと役立つはずです。

マネージャー業界で『好き』なことを『仕事』にする学校「東京放送芸術&映画・俳優専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light