Blogs

本校の「のぞき穴」
(学校公式ブログ)

2010年9月15日

卒業生インタビュー★第三弾!!!

こんばんは多田です

本日はひさしぶりの
特別企画『突撃!FCの卒業生』ヽ(´▽`)/

先日紹介させていただいた
3期メイク専攻卒業生、浅沼さんに引き続き、

<前回はコチラ↓>
/contents/wp-content/uploads/sites/2/fctokyo-blog/blog/cat22259470/index.html

今回は、映画『BANDAGE』『ハルフウェイ』でお馴染みの
岩井俊二監督の現場で働いている
1期卒業生の加藤肇さん
突撃インタビューしちゃいました

_mg_00732
*************

①お名前は?

加藤肇(2006年度卒)です。

②何期生ですか?(何年度卒業)

1期生です(2006年度卒)。

③在学中の専攻は?

監督専攻です。

④なんで映画監督になりたいと思ったんですか?

高校の文化祭で、映画を撮ったんです。そのときまで、映画をほとんど観たことなくて、たまたま手に取ったのが、岩井俊二監督の「4月物語」。
衝撃でした。それまで映画をなめていた。
派手なエンターテイメント系の作品しか観てなかったから、
その作品で当たり前の日常を映画に出来ることがわかったんです。

⑤憧れの人は?

いっぱいいますね。
岩井監督はもちろん。
あの方はは新しいものをどんどん取り入れていく。進化がとまらない。

最近、「BANDAGE」でご一緒に仕事をした小林武史さんも。
働く時間がとにかく長くて濃密。そして切り替えが早い。
ミーティングしている社長室の隣にスタジオがあって、
そこで次の某ミュージシャンのライブの打ち合わせをしたり、休みには小説を書いたり。
本当にパワフル!そういう環境にいけたのはラッキーでした。

⑥その環境にいけたのはどんなことがきっかけだったんですか?

とにかく憧れてる人の名前を言いまくる
僕は色んな現場で「岩井俊二監督と仕事がしたい!」って言いまくっていました。
そしたらそのつてで、岩井監督作品のプロデューサーに拾われました。

⑫現在の活躍を教えてください!

つい最近まで岩井監督新作のカナダでの映画制作ですね。
メイキングとデータ管理を担当していました。

⑬学校生活で一番の思い出は?

自分の映画撮ったときですね。同期である1期生と後輩の2期生で。
2週間くらい千葉で撮影。そのときはただただ映画を撮るのが楽しかった。

⑭後輩に向けてメッセージ

学校っていうのはすばらしいです!そして楽しい!
でも、学校ばかりに頼るのは良くないと思います。
学校には映画を撮るベースの知識をつけさせてもらったり、
就職の支援をしてもらったりして、
それ以外は自分でやればいい!
お金が出なくても外に出て映画を作りまくればよいと思います。

輪を広げることが大切!
あと出来なくても出来るって言っちゃうことが大切!
自分よりちょっとレベルの高い現場に行かないと成長できない。

失敗したら次から呼ばれないだけだから。
よほどでかいとこに行ってばっくれたりしない限りは悪名広まったりはしないし。

根拠のない自信があるやつは強い!頑張ってください!

***************

Dscf90322_2

終始、瞳の奥に光るものと
体から出るパワーを感じ、圧倒されっぱなしの多田でした

それではまた3階受付にてヽ(´▽`)/

FC TOKYOの体験入学や日々の情報がもっと知りたい方はmixiブログへ!!
日々の何気ないスタッフの行動を知りたい方・・・ニックネーム:FC-oo2

体験入学のことをもっと知りたい方・・・ニックネーム:FC TOKYO

mixiに参加していない方はinfo@movie.ac.jpへメールを!!
参加したいブログ名を教えてください。担当者から招待状送ります。

2010年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

人気記事

Road to Hollywood

FC TOKYOについて
もっと詳しく知りたい人へ

Page top