Actor

Column

業界コラム

テレビ

テレビ番組を支える「構成作家」の仕事内容とは? なるための道のりは?

テレビ番組を支える「構成作家」の仕事内容とは? なるための道のりは?

「おもしろいテレビ番組を作りたい」という夢を抱いている人は、構成作家という道を選ぶのがおすすめです。
構成作家はテレビ番組の企画を考え、台本を作って盛り上げていくという重要な役割を担っています。自分のアイディアによってテレビ番組が作られるので、裏方ながらも華やかな職業といえます。
この記事では、テレビ界の影の立役者といえる構成作家の具体的な仕事内容や、構成作家になるための方法について紹介します。

構成作家の仕事内容は?

構成作家とは、プロデューサーやディレクターの考えをもとに、テレビ番組の全体の構成や企画を作る仕事です。
テレビドラマや映画などの構成をするのはシナリオライターや脚本家の仕事で、構成作家はバラエティ番組や情報番組などの構成を担当します。
構成作家の仕事内容は、テレビ局や担当番組の方向性によって大きく変わるものです。
ざっくりとした流れのみを作る現場もあれば、出演者のセリフやナレーションを細かく考えた台本を用意する現場もあります。

また、新しいテレビ番組の企画を考えるのも構成作家の仕事の1つです。
また、ラジオ番組の構成をしてDJのような役割を担ったり、動画サイトや携帯アプリのコンテンツを企画したりする構成作家もいます。

構成作家になるための道のりとは

構成作家になる方法はいくつかありますが、テレビ局やテレビの制作会社に入社してアシスタントディレクターとして働き、制作や企画の経験を積んで構成作家になるというケースは多いものです。
また、新人の構成作家を募集するシナリオコンクールに応募してチャンスを狙うというのも1つの方法です。

現在構成作家として活躍している人の元へ弟子入りするという方法もあります。
名の知れた構成作家になるためには人脈が必要になるものです。
構成作家を目指して専門学校で学び、業界で活躍する講師や同期の友人とのコネクションを構築しておけば、将来きっと役に立つはずです。

構成作家に求められるスキルとは

構成作家になるために最も大切なのは「人を楽しませたい」「おもしろいことをしたい」という気持ちです。
他の人が思いつかないようなアイディアをどんどん出していける発想力や企画力を発揮すれば、優れた構成作家として活躍できます。
自分が考えた企画を多くの人に伝えて共感を得る表現力も、構成作家の武器になります。
テレビ番組に注目してもらうためには、時代の流れにマッチした企画を立てることが大切です。
常にアンテナを立ててあらゆる分野の情報を収集し、斬新かつ多くの人に楽しんでもらえるような企画を作れば、構成作家としての人気も高まります。

構成作家に求められるスキルとは

構成作家を目指す人は、テレビ業界に関して学べる専門学校に通うのがおすすめです。専門学校で番組制作に関する知識やスキルを習得すれば、将来の道が広がります。
専門学校で構築したコネクションが将来構成作家として活躍するための足がかりになる可能性もありますよ。
「おもしろいテレビ番組を作って活躍したい」と考えている人は、ぜひ構成作家という道を目指してみてくださいね。

EVENT
テレビの専門学校のオープンキャンパスに参加してみませんか?
Page top