Actor

Blogs

本校の「のぞき穴」
(学校公式ブログ)

2015年11月1日

速報!!東京国際映画祭で卒業生が受賞!!!!!

嬉しいニュースが飛び込んできたので、本日2度目のアップ!!

2期卒業生の小路紘史くんが監督・脚本をした長編映画


『ケンとカズ』


昨日閉幕した2015 東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門 (Best Picture Award)を受賞しました!!

この作品にかかわった全ての皆さま、本当におめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。


このスプラッシュ部門での受賞は、作品を認めてもらえたと特に実感できる、本当に本当にうれしいものです。

ここから受賞について読むことができるので、ぜひ皆さんもご覧ください。

受賞作の予告編や、数年前に制作された今作のおおもとになった短編は、YouTubeで1本まるまる見ることができます。


こういうとき、あらためて思うことがあります。

実は、就職はできて当然のこと。内定も予定通りのことが多いので、感動はさほど大きくありません。

私たち学校の職員や先生と呼ばれる人間にとって本当に嬉しいのは、卒業後も更なる高みを目指し続けている姿を見た時や、卒業生の活躍を知るときなんです。


だから卒業生と在学中からガチで関わり続けた職員は、きっと今頃サイコーの気分をかみしめていることでしょう。


それは、たとえば壁にぶちあたって立ち止まっている学生に、平坦な道を作って容易に卒業させるような先生や、学生とトラブルを起こさないように、学生の顔色をうかがっているだけの先生には決して味わえないものです。


「思考は現実化するもの。誰よりも懇願しなきゃ、アホほど時間かけて、周りに迷惑かけて作った映画の意味ないぜ」


受賞作品発表前に、ガチな職員が卒業生に言った言葉だそうです。


村田も同感です。


自分が本気で望むなら、それは必ず手に入ります。


そしてこの考えが正しいということは、これからもこの学校の卒業生たちが証明していってくれると信じています。


2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

人気記事

Road to Hollywood

FC TOKYOについて
もっと詳しく知りたい人へ

Page top